recraco

就活写真と就転職情報

221 Views

202107.28

薬剤師の転職サイトはこの6サイトで決まり!おすすめランキング

薬剤師メインビジュアル

薬剤師イメージ01
はじめに

常に人手不足がさけばれている医療業界。医師や看護師ほど深刻ではないとはいわれていますが、薬剤師も有効求人倍率は2倍ほどを推移していて、まだまだ人手不足の状態が続いています。

調剤業務の現場は、時代の変化により少しずつ変わってきています。たとえば、2009年の改正薬事法の施行で登録販売者という資格ができ、医薬品販売における薬剤師の役割はより専門性が求められるものになりました。また、調剤にかかわる計量やデータ管理はAIの導入が進められていますし、海外では調剤業務の一部を担う専門スタッフであるファーマシーテクニシャンという職務が登場しています。さらに、新型コロナウィルス感染症の影響で病院にかかる人の数が激減したことで、調剤薬局の売上もかなり低下しました。

薬剤師の求人も、こういった世の中の変化に少なからず影響を受けます。今は売り手市場ですが、この状態はいつまでも続くわけではなく、将来的には薬剤師は過剰になるという見方もあるのです。
難関の試験を突破してはじめて得る薬剤師という資格。働き方次第で自分の望むライフスタイルを確立しながら、キャリアアップも望めます。せっかくの薬剤師の資格をムダにせず、薬剤師として転職を決めたなら成功させたいですよね。

そこで、薬剤師の転職サイトを選ぶ際のポイントや、おすすめの転職サイトをご紹介していきます!

薬剤師のおすすめ転職・求人サイトの総合ランキング

1位1薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績!!

総合評価

5.0/5.0

POINT POINT

  • 求人件数業界No.1!
  • 充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート!
  • 日本調剤グループが運営している転職エージェント!
  • 1つ1つの就業先にコンサルタントが必ず直接訪問!
  • 現場の生の声をしっかりと求人に反映!
求人数 対応エリア 利用料金
約60,000 全国 無料

おすすめポイント

ファルマスタッフは、日本調剤グループである株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師専門の転職サイト。調剤薬局が運営母体の、薬剤師に特化した人材派遣・紹介会社です。北海道から九州まで全国に12か所の拠点があり、首都圏にかぎらず地域密着型の求人情報が手に入ります。
実際に利用した人の口コミでは、担当コンサルタントの知識の多さやていねいな対応への評価が高いです。強引さがなく、電話の時間や頻度も求職者の都合に合わせてくれるので、やりやすかったと評判です。
保有する求人情報は、高収入の求人、とくに時給の高い派遣の求人情報がほかよりも多いことが特徴。いまよりも年収を上げたいと考えている人にはオススメです。
また、日本調剤の教育ノウハウを生かした教育サービスが受けられるのが、ほかのサイトとの違いでしょう。一般薬剤師向けのeラーニングや、派遣薬剤師向けのセミナーなどが無料で受けられます。転職活動しながらスキルアップも目指せるなんて、とても強力なサポート体制ですね。

2位2薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師

常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポート!

総合評価

4.9/5.0

POINT POINT

  • 8万件以上の求人件数!
  • 国内最大級の薬剤師専門の求人サイト!
  • 専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリング!
  • 条件に合致したお仕事をスピーディーにご紹介!
  • 厚生労働省認可の有料職業紹介事業
求人数 対応エリア 利用料金
約19,000件 全国 無料

おすすめポイント

医療・福祉分野の転職支援サービスを手がける株式会社with Careerが運営するジョブデポ薬剤師は、薬剤師の転職に特化した転職サイトです。ほかにも医師や看護師、保育士など、さまざまな職種の転職サイトを運営しています。
最大の特徴は、求人数の多さ。公開している求人数はそんなに多くないのですが、実は全体の8割以上が非公開求人で、保有件数は日本最大級の約8万件をうたっています。対応エリアも広く全国にわたっていて、細かいエリアにしぼって検索することができます。
公開求人が多くないこともあり、登録しなければあまり情報が手に入りません。また、公開求人には調剤薬局が多い印象ですが、実際にはドラッグストアや病院の求人も扱っているようです。登録すればコンサルタントがついてくれて、希望に合う求人情報や薬局・病院の口コミ情報などを個別に紹介してくれます。
多くの求人情報のなかから自分に合うものをじっくり探したい人は、ぜひ登録してみてください。

3位3【薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボ】

選任コンサルタントがミスマッチのない転職をご提案!

総合評価

4.9/5.0

POINT POINT

  • 1人1人の希望に応じたフルオーダー提案も可能!
  • ライフスタイルに即した働き方の提案!
  • プライバシーマーク取得の薬剤師に特化した人材紹介会社
  • 大手薬局チェーンの子会社なので安心!
  • 利用満足度が90%以上!
求人数 対応エリア 利用料金
約31,000件 全国 無料

おすすめポイント

アイセイ薬局の子会社である株式会社AXISが運営しているお仕事ラボ。薬剤師専門の転職・派遣サービスで、20~60代まで幅広い年代に対応しており、正社員の求人が豊富です。
お仕事ラボは、定着率が95.6%と高いことが特徴。ミスマッチが少なく、求職者が納得して働ける職場に出会えていると考えられます。実際に、ヒアリングやコンサルタントの対応がとてもていねいだった、という口コミが多いです。業界に精通している専任コンサルタントが、しっかりと希望条件を聞き取るというスタンスが定着しているようです。
もう一つの特徴は、逆指名制度があること。希望の薬局や病院があれば、コンサルタントから売り込みをしてくれます。求人サイトで見かけた気になる薬局など、相談次第で希望の職場を紹介してもらえる可能性があります。
転職後も、コンサルタントとの面談が可能です。職場の悩み相談など、アフターフォローも充実。同僚や家族には話せない仕事の戸惑いなど、いつでもサポートしてくれる人がいると思うと心強いですね。

4位4薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

薬剤師登録者数No.1の転職支援サービス!

総合評価

4.7/5.0

POINT POINT

  • 業界に精通したコンサルタントが就業までサポート!
  • サービスは完全無料で、全国どの地域の方でも対応可能!
  • 求人数は5万件以上!
  • 年間2万人以上の薬剤師が薬キャリエージェントを利用!
  • 利用者満足度95%!
求人数 対応エリア 利用料金
約40,000件 全国 無料

おすすめポイント

薬キャリエージェントを運営するエムスリーキャリア株式会社は、医療関連ビジネスを展開する2社が作ったジョイントベンチャー。医療業界での長年のノウハウや信頼関係があるため、独自の情報ネットワークを持ち、とくに病院や製薬会社への転職に強みがあるようです。
公式サイトにも自社の特徴としてスピードを上げていますが、薬キャリエージェントはレスポンスや提案の早さに定評があります。土日でも登録して1時間以内に連絡をくれる、ずばぬけたレスポンスの早さ。これには、薬キャリエージェントの特徴が関係しているようです。というのも、コンサルタントの相談は対面では行わず、電話とメールにしぼって対応しているのです。
また、求職者と企業の両方を同じコンサルタントが担当しているので、お互いの情報を正確に伝えてくれて、ミスマッチが起こりにくいというメリットがあります。
早く転職したいスピード重視の人には、とくにオススメのサイトです。
ママ薬剤師向けの「薬キャリmama」や薬学生向けの「薬キャリ1st」など、コンテンツも充実していますよ。

5位5薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師は「利用者満足度No.1」

総合評価

4.6/5.0

POINT POINT

  • 58,000件以上の求人を保有!
  • 一人あたりに紹介する平均紹介求人数は約19.5件!
  • 採用を実施する薬局や病院に対して深いヒアリング!
  • 安心アドバイザーとしてアフターフォローもサポート!
  • マイナビは人材関連サービスを40年以上にわたり提供!
求人数 対応エリア 利用料金
約59,000件 全国 無料

おすすめポイント

大手の就職情報サイトで知られるマイナビですが、さまざまな職種に特化した転職情報サイトも運営しています。なかでも医療従事者専門の人材紹介サービスは幅広く取り扱っており、マイナビ薬剤師はその名のとおり、薬剤師専門の転職情報サイトです。
取り扱い求人数はおよそ58,000件で、とくに調剤薬局の求人情報を多く保有しています。医療業界専任のキャリアアドバイザーによる手厚いサポートに力を入れていて、ていねいな面談やレスポンスの早さがとても評判です。求職者が何を求めて転職するのかをしっかり聞き取り、チャンスを逃さず、一人ひとりに合った提案をしてくれます。
ちなみに、一人あたりに紹介する求人情報は平均で約19.5件。調剤薬局だけでなく、病院やドラッグストアなど、さまざまな情報を提供してくれます。
拠点は、全国に15か所。日本中の求人情報を扱っているので、引越しなど慣れない土地での転職も相談できて安心です。会員登録すると閲覧できるようになるコンテンツも、内容が充実。読むだけでもさまざまな知識や情報が手に入ります。

6位6病院薬剤師専門☆薬剤師転職ドットコム

業界トップクラスの求人数!

総合評価

4.4/5.0

POINT POINT

  • 会員限定の好条件求人も多数保有!
  • 求人探しをコンサルタントが代行!
  • 利用者満足度95.8%!!
  • 「理想の病院転職」をサポート!
  • コンサルタントが条件交渉の代行!
求人数 対応エリア 利用料金
約15,000件 全国 無料

おすすめポイント

医療従事者専門の人材紹介会社メディウェルが運営する病院薬剤師ドットコム。病院経営のコンサルティングなどを手がけていたこともあり、医療業界に精通していて、病院との密なネットワークを持っています。病院・企業からの信頼があるためか、年収600万円以上の高収入求人や非公開求人の割合が高いと評判です。
病院のことを熟知したコンサルタントが、「納得のいく転職」にこだわってていねいに対応してくれます。一人のコンサルタントが求職者と病院側と両方の窓口になってくれるため、お互いの情報や希望がダイレクトに伝わります。また、職場の雰囲気や経営状況など、求人票には載っていない情報も多くつかんでいて、本当に知りたいことを教えてくれます。そういったことがミスマッチを防ぐことにもつながっているようで、顧客満足度は95.8%にも上ります!
転職が決まった後も、退職のサポートをしてくれたり、キャリアアップの相談に乗ってくれたりと、長期的にいい相談相手となってくれるエージェントです。
薬剤師の転職サイト・求人サイトを選ぶ3つのポイント
薬剤師アイコン

薬剤師の転職情報は、WEB上で検索するとたくさんのサイトが見つかると思います。どんなサイトを使えばいいのでしょうか。まずは、転職サイト・求人サイトを選ぶときにポイントにしたいことをご紹介します。

1. 求人数・定着率

転職は、いかに多くの情報を手に入れられるかが勝負ともいえます。その転職サイトがどのくらいの求人情報を保有しているか、チェックしてみましょう。

求人数とともに、そのサイトで転職した人の定着率も確認してみてください。定着率とは、入社して一定期間経った後どのくらいの人が続けているか、という指標です。定着率が高いということは、求職者が望む条件と、企業側が望む人材との間にミスマッチが少ないと予想できます。それだけですべてを判断することはできませんが、定着率の高いサイトは信頼がもてます。

2. エージェントの機能があるか

転職・求人サイトの多くは、いわゆる転職エージェントのサービスを提供しています。登録すると専任の担当者(キャリアコンサルタント)がついてくれて、求人情報の提案やアドバイスをしてくれるものです。はじめての転職活動で不安がある場合や、いまの仕事が忙しくてなかなか転職活動に時間が割けないという人には、とくにおすすめ。転職先との交渉を代行してくれたり、専門性の高いアドバイスをくれたりと、心強い味方になってくれるはず。

逆に、エージェント機能のない検索サイトでは、自分のペースでさまざまな求人情報を自由に見ることができます。転職に役立つ便利なコンテンツが充実しているサイトもありますので、両方をうまく使って情報収集していくことをおすすめします。

3. 転職の目的や自分の年代に合っているか

薬剤師の就職先・転職先には、いくつか選択肢があります。調剤薬局やドラッグストアをはじめ、病院やクリニックといった医療機関でも薬剤師のニーズがありますし、薬剤師の資格や経験をいかしてMRや研究職を目指す場合もあるでしょう。また、結婚や子育てといったライフステージの変化で、より働きやすい職場に移りたいという人も多いと思います。目指したい職種や目的がある場合は、そういった求人情報の扱いが多いサイトを選びましょう。

また、年代や地域性もポイントです。経験豊富なベテランにもかかわらず、若手向けの求人ばかり扱っているサイトに登録しても、なかなかマッチしません。ブランクが長い人や経験年数の浅い人には、「ブランク可」や「職種未経験可」の求人を多く扱っているサイトが合っています。

サイトによっては首都圏の求人に強いものや地域密着型のものなど、地域性もあります。どの場所の求人情報を扱っているかも、確認しておくことが大切です。

薬剤師の転職で失敗しないための2つのポイント
1. 複数のサイトを掛け持ちで使う

転職サイトには、複数登録しておくことがおすすめ!サイトによってさまざまな特徴や強みがありますし、すべてのサイトが同じ求人情報を扱っているわけではありません。実際に、転職に成功した人の多くが、2〜3つのサイトに登録しています。利用するサイトの数に制限はありませんし、求職者のサイト利用は基本的に無料です。たくさんの情報を集め、自分に合う求人があれば、そこに応募すればいいのです。

また、好条件の求人は、言ってしまえば早いもの勝ち!転職を決意したら、すぐに転職サイト・求人サイトに登録して、情報収集しましょう。

2. 薬剤師専用の転職サイトを使う

一般の総合転職サイトや転職エージェントでも、薬剤師の求人情報を見つけることができるでしょう。しかし、薬剤師の転職は、やはり薬剤師専用の転職サイトを使うべきです。専用サイトであれば業界に詳しく、より専門的なアドバイスを受けられます。また、薬剤師に特化しているので、企業・病院との繋がりがありますし、過去に転職した人からの情報など、求人票にはない情報を提供してくれる可能性もあります。

介護士アイコン

薬剤師として転職先を探すのであれば、ぜひ薬剤師専用の転職サイトに登録しましょう。

Pocket