recraco

就活写真と就転職情報

1199 Views

202012.11

大切な証明写真、企業が求めているクオリティを見誤らないように

 

証明写真は就活成功のための最初のステップ

就活の履歴書などに貼付する証明写真、みなさんはどこでどのように撮影しようと思っていますか。
応募したらすぐに面接してもらえるアルバイトとは異なり、証明写真の印象が良くなければ通ることはありません。
そのため、証明写真は就活で成功をするためには、とても重要な要素の一つであり、最初の関門ということが言えるかもしれません。

第一印象で決まる
第一印象が大切といっても、写真だけで判断されるわけではありません。
エントリーシートに書かれた内容を見たうえでのお話です。
ただし、業種や職種によっては、写真の印象が評価のポイントになることもあります。
また、内容で迷ったときには、写真の印象が良い方が優先される可能性は少なくありません。

 


[PR]大阪梅田・新宿・横浜・千葉・埼玉大宮ほか、全国に広がる続けるリクアネットワーク。証明写真はプロにおまかせ!

 

証明写真に求められるクオリティ

第一印象が大切となれば、証明写真を好印象にしたいと思うのが就活生の心理です。
もっとも、企業が求める就活の証明写真のクオリティを自分の価値観で推し量ってしまうと失敗することがあるので注意しましょう。
今の就活生は子どもの頃からデジカメやスマホを使いこなし、ブログやSNSに写真をアップするなどして育ってきた世代です。
大学生になってからは、常にSNSで映えるのを意識し、いかに自撮り写真のクオリティを上げるか、見栄えよく加工するかに躍起になった方も少なくないでしょう。
ですが、普段の基準を就活の証明写真に当てはめてしまうと、企業が求めるクオリティとずれが生じてしまい、失敗につながりかねません。

 


[PR]大阪梅田・新宿・横浜・千葉・埼玉大宮ほか、全国に広がる続けるリクアネットワーク。証明写真はプロにおまかせ!

 

企業が求める就活の証明写真のクオリティとは

企業が求めるクオリティはSNS映えといった、美的な感覚を求めるものではありません。
背景と人物がくっきりして見えやすく、表情がはっきり見えることに重点を置いています。
緊張しすぎて表情がこわばっている方、セルフの証明写真機を使ったことで目線や角度が不自然な場合やカメラをにらんだような表情になっていると、残念に感じるものです。
もちろん、表情が良くないからといって、選考から外れることはありません。
ですが、企業が求める就活の証明写真のクオリティは、その人が目の前にいるように感じられる自然な表情と自然な色合いのグレードということです。

盛り過ぎはBAD!
必要以上に肌を白くしたり、上目使いで自撮りしたりは印象が良くありません。
写真が暗かったり、血色が悪く映ってしまった際に明度や彩度を調整するくらいなら構いませんが、余計な加工はしないのが賢明です。
選考に通れば、実際に対面するわけですから、写真との印象が違いすぎるのはよくありません。

 

 

フォトスタジオでの撮影がおすすめ

写真館での撮影は敷居が高いし、費用も高いからと、セルフの証明写真機を使う方や最近は自撮りで写真を用意する方も少なくありません。
ですが、企業が求めるクオリティを考えるなら、写真館でプロに撮影してもらうのがおすすめです。
セルフ撮影や自撮りはどうしても、顔を写す角度などがうまくいかず、にらんでいるような表情やこわばった表情、不自然な印象を与えてしまうケースが少なくありません。
プロなら角度も的確で、自然な表情を引き出せるように声掛けなどもしてくれます。
今はほとんどの写真スタジオがデジタル撮影なので、その場で画像を確認することができ、気に入らなければ撮り直しも応じてくれます。
就活証明写真の撮影にも慣れているので、印象アップに役立つレベルで写真のレタッチなどもしてくれます。

自分でのやりすぎを防ぎ、企業が求めるクオリティに近づけることができるのです。

就活では何社にもエントリーし、何枚もの証明写真が必要になります。
その都度セルフの証明写真機に費用を払うより、プラン内に最初から何枚かに付いていて、足りなくなった際は後日焼き増しができる写真館の方が、結果的にコスパが良いことが多いです。

 

リクラコおすすめ証明写真の人気スタジオ

□ 東京・横浜の就活写真に強いおすすめ10スタジオ

□ 大阪で就活写真を撮るならこの写真館!就活生おすすめ9スタジオ

 

Pocket