recraco

まるごと就職活動情報!

212 Views

201812.17

男性の就職活動にふさわしいヘアスタイルとは?ポイントを押さえて好印象を与えよう!後編

見た目だけで人を判断することはできません。
しかし書類選考や面接だけでふさわしい人材を探し当てなければならない企業の面接官は、就職希望者の外見にも注意を向けます。
今回は就職面接時における男性のヘアスタイルに焦点を当て、好印象を与えるためにできることをピックアップしたいと思います。

「カラー」
髪の毛のカラーに関してですが、明るいものはラフな印象を与えることがあります。
この点を考えると、やはり黒のほうが無難であると言えます。
しかしもともと地毛が茶色がかっているという人の場合、あえて黒に染める必要はないかもしれません。

「ふさわしいヘアスタイルとは?」
上記で述べた点を踏まえ、自分に合ったふさわしいヘアスタイルを見つけることが求められます。
整髪料でがっちりと固められたヘアスタイルはかしこまった印象を与えますが、新卒の若者が行うと不釣り合いに感じられることがあります。
たとえば長めの髪をウェットタイプの整髪料でまとめるとエレガントな雰囲気を醸し出しますが、新卒者の場合は若々しさや爽やかさをアピールしたほうが良いでしょう。
そうしたことを考えるとマットタイプのワックスを使用したり、光沢の少ないハードジェルなどの使用がお勧めです。
しかし短髪の場合は逆にウェット感を生じさせた方が整っているという印象を与えます。
短い髪の毛で面接に臨む場合はこの点を心に留めてお置くべきです。
またくせ毛の場合でもきちんと整っていれば問題ありません。
そのため就職活動のためにあえてくせ毛を矯正する必要はありません。

Pocket